LOG IN

衿の表現

by 奈みこ

#ヒトリゴト

 綿絽浴衣のことを書いた記事で、衿芯について触れたが、あれから良い例えがないかずっと考えている。

 綿絽浴衣についての記事

 衿芯については、どうやら浴衣にも衿芯を入れて着ることがあるようで、シャキッとしたいとか より綺麗に着れるという目的で使う場合があると知った。

 浴衣はバチ衿で、綿絽や綿紅梅、絹紅梅、綿紬のように少し上等なもの、襦袢と合わせて着る浴衣(それ以外が襦袢と合わせてはいけないということではなく、綿コーマ以外は合わせてもよいというのは基本言えること)は、広衿になっているものもあり、より着物寄りに着る目的であると言える。

 先日の綿絽の浴衣に、デパートの方が肌着と衿芯を持たせたのは、広衿の綿絽浴衣に衿芯を使ってシャキッと着せてもらえばよろしおまっせ、ということだと解釈。

 では、バチ衿の浴衣ではどうするのかというと、縫い口を解いて、衿芯を通して着るのだという。

 へぇ・・・

 確かにハリを持たせて湾曲させた衣紋は綺麗だとは思う。

 だがこの違和感は何だ。 

 新たなことを知っても全然ときめかない。

 浴衣というのは、良くて町着、基本はもう寝巻きにしてもよい部屋着の位置であり、生活感が溢れ、良い意味の生々しさが漂っていていいのである。

 丈夫な生地が着倒され、身体に馴染み、綿や麻などのハリ具合の中にも、ややクタッとした日常のぬるい質感のようなものが見え隠れする。

 それらが礼装にはない絶対的な浴衣の魅力なのである。

 その例えをここ数日ずっと考えている。 

 服に例えて言うとなんだろう?と考えている。

 だども待てど暮らせど出でごねぇ。

 衿芯はやはり襦袢に通して用を成す。

 要するに、浴衣に衿芯を通す必要性を全く感じないということ。

 そこに精度の高い美は必要ない。

 暑い夏に、襦袢を省き通氣の良い素材の布を纏い、最低限の紐と動きやすい簡略化された帯をパパッと締めて、日常に溶け込む・・・

 抜いた衣紋から見えるうなじに汗が滲む。

 さほど露出は多くないのに、首筋、手首、くるぶしが覗いているだけでどうしてこうも艶ぽいのか。

 日常の機能美、浴衣の美しさはそこにある。

 さっと着慣れた何一つ特別のない普通の景色は、衿芯を通した完成度の高い衣紋では出せない。

 手間をかけてはいけない。

 

 浴衣の歴史を辿れば、湯帷子(ゆかたびら)という浴場で着ていた下着のようなものがルーツで、とにかくどこまでいっても普段着、部屋着の位置。

 手を加えてより美しく、より華やかに、より技巧的に、という発想と行為が浴衣を本来の浴衣から遠ざけて、特別であってはならないものなのに、特別なものへと導いてしまっている風潮があるように思う。

 より技巧的に、というのは帯結びのことで、半幅帯の創作結びも多く、ヒダをたくさん取る、複雑に結ぶ、半幅帯帯を二本使う、ビーズやレース、ラメなどが装飾された兵児帯を重ねる、など足し算ばかりが助長されている。

 華やかで豪華で派手なほうが可愛いという世の中のニーズもあるのだろうし、新しいものを生み出す工夫もターゲットを増やすには必要というのはわかるので否定はしない。

 わたしは個人的見解でいつも着物について綴っているが、わたしの思うところは、

 「古典に全てが集約されていて、とっくに完成されていて、そしてそれらは既に完璧でしかない。」

 どんなにきらびやかな飾りを付けようと、結びを複雑にしようと、文庫を締めた後姿に敵うものはないのである。

 それは涙が出そうなほどに美しい。

 浴衣には何も足さないという美しさがある。

 それを言葉にするのが難しいが、幾ばくか伝われば嬉しい。

#引越し元blog↓

OTHER SNAPS